kenju's blog

About Programming and Mathematics

『情熱プログラマー』を読んだ。

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

情熱プログラマー ソフトウェア開発者の幸せな生き方

久々に、技術書以外の書籍を読んだ。Soft Skills 以来な気がする。

ハッカーと画家』を学生の頃に読んで、エンジニアリングに熱中していた頃のことを思い出すような、清々しいくらいまっすぐな精神論と、シビアに現実と仕事を見返すことのできる視点を授けてくれる、良い本。

キャリアの中で何回か読むんだろうけど、そのたびにそのとき迷っていたり悩んでいたりすることの、何かしらの考えるヒントをくれる、そんな本。

「自分の知性に投資しよう」とか、「魚の釣り方を学ぶ」「一に練習、二に練習」とか、割と自分の中では当たり前だと思っている章もあったけれど、それに対して著者なりの独特な視座や経験を踏まえた意見が知れたのは、刺激になった。

「コーディングはもう武器にならない」「デイリーヒット」「保守作業の真価を知る」「8時間燃焼」「すでに時代遅れである」「君はすでに職を失っている」あたりの節は、完全に自分になかった視点というか、ハットさせられた部分。

エンジニアリングを初めてだいぶ長い時間が経ってきたけれど、プロのエンジニアとして働き続け、成果を出し続けるためには、本当に幅広い視点も努力も必要で、最近必死にもがいていた自分の姿を、少し言語化・体系化できる言葉を得た感じ。それと同時に、やみくもすぎて失敗した経験を考え直すヒントもくれた。

良い本でした。