kenju's blog

About Programming and Mathematics

海外在住でも日本に VPN ルータを設置して VPN を利用する

海外に在住していると、日本のサービスを使う場合に VPN を利用すると便利なことが多い。よくあるのは、Netflix などの Streaming service を視聴したり、Radiko のようなコンテンツを視聴したりなど。

VPN サービスとしてセカイ VPN など多種多様なサービスが提供されているし、場合によっては大学などの学術機関が提供している VPN server もなくはない。しかし、そういった選択肢は、セキュリティ及び品質の観点からなるべく避けたい。また、Netflix などは代表的な VPN サービスの IP Address もフィルタ対象にしているということは聞いたことがあり、全く使えないこともあるという。

Raspberry Pi などの Linux machine を VPN server として設定してきてもよいが、市販の WiFi ルータには VPN server としての設定が GUI のみで完結できる製品も多い。

私の場合は、数年前に購入していた tp-link Archer C3150 を用いて、VPN ルータとして設定しておいた。プロトコルとしては OpenVPNPPTP が使える。基本的には PPTP は避けたいので、OpenVPN として利用している。

該当製品はすでに生産終了しているが、後継機や類似機でも OpenVPN/PPTP は対応している模様。

おそらく殆どのプロバイダでは、ルータ側に割り当てられる Global IP Address は、プロバイダの都合によって不定期に更新されるはず。したがって、VPN client から VPN server としての VPN ルータを探すために、Dynamic DNS の仕組みを利用して、IP Address ではなくドメインを設定しておくことが一般的には推奨されている。さもないと、IP Address が変更されるたびに IP Address を特定 + VPN Client の設定を更新する必要があり、かなり不便だからだ。

DDNS のサービスとしてはいくつかあるが、基本的にはドメインを用意してくれるわけなので有料のところが多い。

ただし、tp-link のルータを使うと、tp-link DNS サービスが利用できる。

また、場合によっては、private IP Address を割り当てており、追加料金を払わないと Global IP Address を使えないプロバイダもあるので、確認が必要。

OpenVPN を利用する場合は、macOSiOS などで利用できる VPN Client アプリがすでに用意されており、設定も難しくない。

https://openvpn.net/community-downloads/

イギリスにおける賃貸住宅探し

イギリスにおいて賃貸住宅を探す場合、代表的なサービスとしては Rightmove と Zoopla がある。

基本的には、気になる条件を入力し、検索条件を保存し、定期的にアラートを受け取って入りたい物件があったらコンタクトをとる、という流れ。

ただし、日本で賃貸契約をすすめるにあたって、いくつか経験則から留意しておいたほうが良いことは以下の通り。

  • Rightmove や Zoopla からメールを送ることができるが、人気物件はほとんど連絡が来ないのでひたすら電話するほうが良い
  • 電話をすると、まずは内見(Viewing)の予約を行う。Covid の影響もあってか Online Viewing や Video Viewing を行う所も多い
  • 基本的に早い物順かつより良い条件を出したほうが良い

なお、一連の契約にあたって、借主である tenant が気をつけるべき点については、https://www.rightmove.co.uk/advice/renter/ に詳しい。

特に、契約をしたいと決めたときに Offer を出すのだが、landloard はより良い条件、より確実に家賃を払ってくれそうな人物の Offer を選ぶ傾向にある点は注意したい。具体的には以下の通り。

  • 人気物件は、家賃を下げる交渉をしている間に他の人に Let agereed される可能性が高い
  • より長い契約期間のほうが好まれる
  • 基本的に早いものがちなので、Viewing の予定は可能な限り早く入れる

ただし、もちろん交渉できるところは交渉次第で自分たち優位な条件にすべき。基本的には全て交渉次第なので、Furnished なところでもベッドだけは捨てても良いという条件にしたり、WiFi を契約してもらって家賃に含んでもらうという条件にしたりすることもできる。全て Tenant と Landlord との間での合意次第。

イギリスにおけるオンライン銀行 Monzo 所見

イギリスに住所があると開設できるオンライン銀行の Monzo。物理的な支店を持たないが、その分オンラインで全てのやり取りを完結できるように作られている。

https://monzo.com/

アカウント登録時に必要な一連の ID Verification も、アプリからアカウント開設を申請し、すべてオンラインで進む。

開設後は、登録した住所に Debit Card が届く。Contactless に対応しており、Apple Pay への追加も可能なので、利便性は非常に高い。

更に、Monzo は、資金移動業者ではなく銀行としての扱いなので FSCS による預金保護がある。さらに、Monzo は夫婦共有名義で銀行口座を持てるので家計の一括管理も可能。

ただし、現金での deposit(入金)にはひと手間かかる点に注意。不可能ではないが、時間がかかる(Cheque 利用時)か、手間と手数料がかかる(PayPoint 利用時)点に留意したい。

https://monzo.com/help/payments-getting-started/adding-money-to-account