kenju's blog

About Programming and Mathematics

社内システムのCoffeeScriptをES6に書き換えた

久々にフロントエンド周り書いた。

広告配信サーバーの入稿システム、20-30程度のCoffeeScriptファイルが中途半端な移行期状態で残っていたので、一気に移行した。 主業務がかなり忙しかったので、時間を見つけながらちょこちょこやってきた。 CoffeeScriptは簡潔に書けて好きではあったけど、2018年にさすがにCoffeeScriptは書きたくないので、技術的負債になる前に一気に書き換えた。

社内システムだからか結構レガシーな箇所がメンテナンスされづ中途半端な状態で残っている箇所が多い。 自分の主担当はサーバーサイドだけど、たまにフロント周りのコードを触ることもあるので、開発時にストレスを溜めないよう、入社してから徐々にリファクタ作業を業務外で行ってきた。年末も近づいてきてモチベーションが高まっていたので、今年中にやりたかったことをこの前一気に片付けた。

CoffeeScript置き換え以外にもいくつか以下のリファクタ作業を行った:

  • webpack v3 update
  • package.json で使われていないライブラリが大量に存在していたので、npm-checkを使いながら整理
  • 依存ライブラリのアップデート作業
  • ESLintのルールを一部見直し、--fix オプションで適宜置き換えながら
    • そもそもCoffeeScriptに対してはESLint ruleも適用されていなかったので

とりあえずだいぶ開発しやすくなった。

今取り組んでいること。

  • コスパの高いテストの導入
    • Feature testも最小限にしたい
  • 依存ライブラリの定期的アップデートの仕組み
    • Greenkeeper likeな仕組みの導入

広告配信周りをメインに開発していて、来期は新規広告商品の開発や分析基盤の磨き込みに従事していくつもり。 だからこそ、メイン以外の開発作業のストレス・コストを最小限に抑える工夫も、常日頃からやっていかないと、本当にやりたいことができない。