kenjuの日記

About Programming, Mathematics and Security

『 エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢』を読んで

tl;dr

  • 渡米を検討しているエンジニアにとっては必読の入門書
  • そこまで渡米を本格的に考えていなくても、キャリアに対する視野を広げるためにオススメの書籍

読んだきっかけ

  • 中期的には海外でエンジニアとしてのキャリアを積もうと計画しているため、制度や今から準備しておくべきことはないかなど、情報を整理しておきたかった。そのため、まとまった情報のインプット手段として書籍を選んだ

本書の大きなメリット

  • 実際に渡米でキャリアを積んでいる方の本音が聞ける
    • 良いことだけではなく、大変だったこと・困難な事実についてもきちんと書いてある印象。すごくよい
  • カバーしている守備範囲が広い
    • 年収、制度、文化、昇進、食文化、転職活動、英語など、カバーしている分野が広い。実際に生活を始めることを考えると、年収や転職活動だけの情報収集では不十分。逆にこの本をきっかけに、どんなテーマで情報収集しておくべきかもわかる
    • 個人的には、「レイオフ」周りの話が初めて聞く話だったので、十分参考になった

注記

  • とはいえこの本はあくまで「アメリカ」が中心。他の国の選択肢も大いにあり得ると思う。ヨーロッパやオセアニア、アジア圏など他の文化圏で挑戦しているエンジニアの話もぜひ聞いてみたい