It is KJ!

About Programming, Mathematics and Security

ソフトウェアエンジニアとして通勤のために購入したバッグと検討内容

背景 数年間使用していたバッグ、流石にくたびれてきて肩への負担が増えたこと、通勤を考えてよりシンプルで丈夫であるバッグを書いたかった。 そこで、まずは要件を定義した上で、半年間の熟慮を重ねた結果、ついに「これだ!」と思うバッグに出会い、購入…

Reactを一年書く中で感じたこと

Compositionによる関心の分離は心地よい Viewを部品ごとに分割し、フロントを設計するComposition Patternsの場合、「今書いているComponentsが画面上のどの部分」なのかが非常にイメージしやすい。 ReactのDesign Principlesとして「Composition」が尊重さ…

書評『Rubyのしくみ ~Ruby Under a Microscope~』を読んで

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る とりあえず一通り通読をし終えた。 今後は、さらにRuby…

『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope』の読書メモ<第12章>

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 第1~5章編:『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope…

『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope』の読書メモ<第10~11章>

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 第1~5章編:『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope…

『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope』の読書メモ<第8~9章>

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 第1~5章編:『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope…

「CloudFrontのPolicyに複数のStatementを定義することはできない」件をAWSサポートチームに確認した

tl;dr 「CloudFrontのPolicyに複数のStatementを定義することはできない」件をAWSサポートチームに確認した オフィシャルチームに明確な回答を得ることで、今後ドキュメントに書かれていない使用を確認するために、無用な労力をかける人が減ることを期待して…

『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope』の読書メモ<第6~7章>

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 第1~5章編はこちら:『Rubyのしくみ -Ruby Under a Mic…

『Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope』の読書メモ<第1~5章>

Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る 第1章 字句解析と構文解析 遠くからは複雑に見えること…

ソフトウェア設計時に押さえておきたいポイント

現場の先輩エンジニアから教えてもらったことをもとに、ソフトウェア設計時に押さえておきたいポイントを自分なりにまとめて見ました。 非常に学びが多いアドバイスで、今後も事あるごとに思い出したいと感じたので、よかったら参考にしてください&フィード…